メインイメージ画像

開発にあたって技術とアイデアには絶ちがたい関係があります

技術とアイデアの関係性を見てみると、技術とアイデアというのは絶ちがたい関係にあり、いくら技術が存在してもアイデアがないとよい商品を生み出すことはできませんし、着想があっても技術がないと商品開発は難解になるのです。アイデアをどのようにして生み出していくのかということは大きな問題であり、そう容易に生産できることではありません。多くの技術者はアイデアを出すのにかなりの時間をかけているのが現状でもあります。

今までの技術者たちは自然界の生き物を参考にしてアイテムを開発してきました。

鳥の飛ぶ姿や魚の効率の良い動きや形状、いろいろなものを観察し学んできて、そうした考えを取り入れてきたので現代の飛行機や車のような形状が生まれたのです。その他にも、ヤモリという生き物は壁などを自由に動きまわり、落ちることはほとんどありません。あんなにつるつるとしている壁にどのようにして張り付いているのか、それを研究したことでマジックテープを開発したのです。



自然界はアイデアの宝庫であり、そうしたものを観察することでアイデアを見つけ、同時に技術までマスターしてきたのです。とはいえ、それ以外にも技術者は様々な方法で発想を集めることをしています。その中には全国から発想を応募してみるということや、特に若い人や学生を対象にして、若い人の発想からアイデアを取り込みたいと思っているのです。

また雑貨品の開発を推進してみたいという会社の技術者たちは、周期的に主婦を集めて、どんな品が用意されたらよいと思うかということの意見を聞いたり、尋ねたりして、アイデアを探し出したりしています。

アイデアだけあればすぐにでも商品を作成することができ、でもそのアイデアなどがないというジレンマで苦しんでいる技術者は多いので、いろんな方法で発想の転換を試みたり、他のところからヒントがないかどうか旅行をしてみたりして、様々な事を考えることもあるものです。試行錯誤をして技術を高めるためにも必要な着想が見つかったときの喜びと充実感は大きく、それはやりがいにつながっていきます。

更新情報